M5stack でIMUを2つ使う

M5stack でIMUであるMPU9250を2つ使うプログラムを開発しました.
通信はI2Cを使っています.
ベースはM5stack内のサンプルコードですが, ライブラリ内のMPU9250クラスはアドレスの変更に対応していなかったので,クラス自体にも変更を加えています.
今回はMPU9250を1つ内蔵したM5stack grayとgroveのIMUモジュールを使っています.
内蔵されたMPU9250とGroveのMPU9250のアドレスはそれぞれ0x68と0x69です.

電子コンパスの方はアドレスの変更ができなかったため,本プログラムでは電子コンパスは利用できません

使い方

MPU9250.cpp と MPU9250.h をダウンロードし, <Arduino のフォルダ>/libraries/M5Stack/src/utility内の同名ファイルを置き換えてください.

DualMPU9250Basic.inoをダウンロードしM5stackに書き込んでください.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です